周波数モード間エンタングルメント状態の最適化システム

開放特許情報番号
L2005006074
開放特許情報登録日
2005/6/11
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2002-158112
出願日 2002/5/30
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2004-004189
公開日 2004/1/8
登録番号 特許第3790819号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 周波数モード間エンタングルメント状態の最適化システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 即時転送技術、光ファイバー通信
目的 工業上利用可能なエンタングルメント状態の最適化を行うシステムの提供。
効果 工業上利用可能なエンタングルメント状態の最適化を行うシステムを提供することができ、又、このシステムを利用した光ファイバなどによる量子情報通信技術を提供することができる。
技術概要
この技術による周波数モード間エンタングルメント状態の最適化システムは、パルスレーザーからのレーザー光の波形を調整する波形整形器と、波形整形器から出力されたレーザー光を伝達し、非線形効果を与える非線形媒質と、非線形媒質から出力されたレーザー光を検波する検波器と、検波器が検波したレーザー光のエンタングルメントを含む情報を制御し、波形成型器へとフィードバックする制御装置とを含む。そして、検波器に入力されたレーザー光のエンタングルメント状態に関する情報を制御装置へ入力し、制御装置が、レーザー光の波形を調整する指令を波形調整器へフィードバックし、フィードバック情報を入力された波形調整器は、フィードバック情報に基づいて、レーザー光の波形を調整する。このような工程を繰り返し、エンタングルメント状態を最適化することにより、望ましいエンタングルメント状態を得る。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT