雨水地下濾過給水装置

開放特許情報番号
L2005005736
開放特許情報登録日
2005/5/27
最新更新日
2006/8/11

基本情報

出願番号 特願2003-186337
出願日 2003/6/30
出願人 有限会社藤島建設
公開番号 特開2005-016269
公開日 2005/1/20
登録番号 特許第3693176号
特許権者 有限会社藤島建設
発明の名称 雨水地下濾過給水装置
技術分野 土木・建築、生活・文化
機能 環境・リサイクル対策、その他
適用製品 雨水地下濾過給水装置
目的 グランドに芝生を張って、砂埃の飛散や怪我を防止すると共に、芝生を天然の濾過材として、雨水を清浄にして再利用すると共に、非常用給水としても利用できる雨水地下濾過給水装置を提供する。
効果 グランドなどに芝生を張って、砂埃の飛散や怪我を防止すると共に、芝生を天然の濾過材として、雨水を浄化して利用できる雨水地下濾過給水装置を提供できる。
技術概要
図示するように、グランド1の張った芝生2を第1の濾過層3とし、この下層に砂や石を敷き詰めた第2の濾過層4を形成し、この底部に防水シート14を敷き、この一部を開口して、この開口部15の下方に、上部に流入口16を形成した第1の濾過水貯水槽17と、これとは別個に、第2の濾過水貯水槽18と原水貯水槽19を設け、この原水貯水槽19と第2の濾過水貯水槽18とから散水ポンプ24を介して濾過層4に散水する地中散水管12を埋設配管すると共に、第2の濾過水貯水槽18に給水ポンプ25を設ける。
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 雨水を循環させて濾過することにより清浄な水にして、利用することができると共に、非常時の給水タンクとしても利用することができる。
改善効果2 原水貯水槽の上部側と濾過水貯水槽の上部側を連通するオーバーフロー管を設けて、集中豪雨に大より大量の流入がある場合、一時的に全体を原水貯水槽として利用して、雨水を有効に貯めることができる。

登録者情報

登録者名称 有限会社藤島建設

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT