無線システムのシームレス統合ネットワークシステム

開放特許情報番号
L2005005666
開放特許情報登録日
2005/5/27
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2001-272660
出願日 2001/9/7
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2003-087858
公開日 2003/3/20
登録番号 特許第3564479号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 無線システムのシームレス統合ネットワークシステム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 無線システムのシームレス統合ネットワーク
目的 基本アクセスネットワークと共通コアネットワークを備えた、無線システムのシームレス統合ネットワークシステムを提供する。
効果 複数種類の無線システムを、各無線システムの環境に最適な形態で利用しながら、それらをシームレスに統合するネットワークを構築することができ、全体として効率的かつ高度なネットワークサービスを提供することができる。
技術概要
ネットワークシステムが、共通の制御・シグナリング信号を通信する基本アクセスネットワークと、サービスを提供可能な少なくとも2つ以上の無線システムと、該基本アクセスネットワークと無線システムとが接続される共通コアネットワークとから構成され、その基本アクセスネットワークが、通信端末の備えるネットワークアクセス手段である基本アクセスコンポーネントと、広範に配備される基本アクセスネットワーク基地局との間において通信を行う構成であって、双方向無線インターフェースと共に実装される基本アクセスネットワークチャンネルを確立すると共に、基本アクセスネットワークと共通コアネットワークとの間では統一したプロトコルである基本アクセスネットワークプロトコルを用いる無線システムのシームレス統合ネットワークシステムである。モバイル端末MT10は、基本アクセスネットワークBAN11、サービスネットワーク12両方との無線通信を行い(矢印a13と矢印d14)、BAN11とサービスネットワーク12は、共通コアネットワーク(矢印b15と矢印c16)を通じて通信する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 複数種類の無線システムを、各無線システムの環境に最適な形態で利用しながら、それらをシームレスに統合するネットワークを構築することができ、全体として効率的かつ高度なネットワークサービスを提供することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT