折り畳み式曲面体

開放特許情報番号
L2005005649
開放特許情報登録日
2005/5/27
最新更新日
2015/12/21

基本情報

出願番号 特願2001-194047
出願日 2001/6/27
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2003-008340
公開日 2003/1/10
登録番号 特許第3521230号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 折り畳み式曲面体
技術分野 情報・通信、電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造
適用製品 折り畳み式の曲面体、パラボナアンテナ
目的 折り畳んで薄型ケースに収納し、小型軽量化により搬送等の作業労力を軽減する折り畳み式の曲面体、更には、その曲面体の支持機構をケースに付帯させられる折り畳み式曲面体を提供する。
効果 連結部材に、柔軟な線状体が用いいて、ケースの閉蓋時に面状体を円滑に収納することができる。
技術概要
本発明の折り畳み式曲面体は、次の構成を備える。すなわち、拡張時に所定の形状の曲面を形成する柔軟な面状体と、その面状体の外縁部を支持する堅剛な環状形状であって、屈折自在な部位を複数備える外縁部支持部材と、その外縁部支持部材の屈折部位で、外縁部支持部材と面状体を折り畳んだ時に、外縁部支持部材と面状体とを少なくとも収納する薄型ケースと、そのケースを構成する上蓋と底蓋の各内面と面状体とを連結し、ケースを開蓋した時には、面状体を拡張させて所定の曲面形状に形成する連結部材とを備える。図に、ケースの開蓋時における本発明の折り畳み式曲面体の側面要部説明図を示す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 小型の薄型ケースに収納自在であると共に、ケースの上蓋を開閉するだけで成形されるので、成形・分解や搬送の作業労力が軽減される。
改善効果2 面状体が、放物面形状の導電性メッシュ素材で形成されると、パラボナアンテナとして有用に利用可能である。
改善効果3 面状体が、光の反射性に富み水密性を有する略放物面とすれば、その略焦点に集光による熱的エネルギーを供給することで、調理器具として有用に利用可能である。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT