船体運動低減装置

開放特許情報番号
L2005004753
開放特許情報登録日
2005/4/15
最新更新日
2016/6/22

基本情報

出願番号 特願2002-303252
出願日 2002/10/17
出願人 独立行政法人海上技術安全研究所
公開番号 特開2004-136780
公開日 2004/5/13
登録番号 特許第3752539号
特許権者 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 船体運動低減装置
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 船体運動低減装置
目的 船首部において、満載喫水線よりも上方の船体外板面に、海水との相互作用で造波減衰力の増大をもたらす突起または溝部を適切に形成することにより、船体運動の低減を効率よく図れるようにした装置を提供する。
効果 船体のピッチングやヒービングなどの船体運動を効率よく抑制する作用が得られるようになる。また、船体甲板上への打ち込み海水量を減少させる効果も得られるようになる。さらに、穏やかな海域を航行する際には、従来の水中フィンのもたらすような抵抗の増加を招くことはない。
技術概要
船首部において、満載喫水線よりも上方の船体外板面に、船首端から左右両舷側部へ沿いながら後方へゆくにしたがい低下するように傾斜した複数の帯状突起部を、相互に間隔をあけて設けている船体運動低減装置である。船首部1において、満載喫水線2よりも上方の船体外板面1aに、船首端から左右両舷側部に沿う帯状突起部3が相互に間隔をあけて装着され、帯状突起部3は後方へゆくにしたがい低下するように傾斜して配設している。各帯状突起部3の船体外板面1aからの突出高さは、後方へゆくにしたがい減少するように設定している。波浪中を航行する際に、船首端の外板面から左右両舷側部へ沿いながら後方下がりに傾斜するように設けられた複数の帯状突起部3の海水との相互作用でもたらされる造波減衰力の増大により、船体のピッチングやヒービングなどの船体運動を効率よく抑制する作用が得られる。帯状突起部3は、波浪中の航行に際し、船首部1に到来する波浪に対して破砕拡散効果をもたらすので、船体甲板上への打ち込み海水量を減少させる効果も得られる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 船体のピッチングやヒービングなどの船体運動を効率よく抑制する作用が得られるようになる。また、船体甲板上への打ち込み海水量を減少させる効果も得られるようになる。さらに、穏やかな海域を航行する際には、従来の水中フィンのもたらすような抵抗の増加を招くことはない。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT