針路安定装置付き船舶

開放特許情報番号
L2005004752
開放特許情報登録日
2005/4/15
最新更新日
2016/6/22

基本情報

出願番号 特願2002-303254
出願日 2002/10/17
出願人 独立行政法人海上技術安全研究所
公開番号 特開2004-136782
公開日 2004/5/13
登録番号 特許第3937013号
特許権者 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 針路安定装置付き船舶
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 針路安定装置付き船舶
目的 船尾のポッドプロペラに針路安定装置としてのフィンを設けながら、同フィンの回動をポッドプロペラの旋回とは別個に制御できるようにして、船体の旋回性能の十分な向上を図れるようにした針路安定装置付き船舶を提供する。
効果 船舶の直進航行時にはポッドプロペラと船底下面との間に配設された針路安定用フィンの作用により針路保持が的確に行われる。船舶の旋回時にはポッドプロペラを十分に旋回させるようにしながら、フィンについては回動角を控えめに適度に制御して、同フィンの発生する水平方向の揚力により、船舶の旋回が効率よく助長されるようになり、これにより十分な旋回性能が得られるようになる。
技術概要
船尾部の船底下面1が船尾端へ向かって緩やかに上昇するように傾斜したバトック船型を有する船舶で、船尾部の後部から水中へ垂下された円筒状の鉛直軸2が、軸受により支承するようにして設けており、同鉛直軸2の下端にはポッドプロペラ3が装着している。鉛直軸2の上端部にはウォームホイール4およびウォーム5からなるギヤセットが装着されて、同ギヤセットを介し電動機6および制御系による鉛直軸2の回動制御が行われるようになっている。針路安定装置付き船舶では、船舶の直進航行時にはポッドプロペラ3と船底下面1との間に配設された針路安定用フィン8の作用により適切な針路保持が行われる。一方、船舶の旋回時にはポッドプロペラ3を十分に旋回させるようにしながら、フィン8については回動角を控えめに適度に制御して、同フィン8の発生する水平方向の揚力により、船舶の旋回が効率よく助長されるようになり、これにより十分な旋回性能が得られるようになる。フィン8の回動軸はポッドプロペラ3の鉛直軸を取り囲む円筒状外軸7として配設されるので、その回動制御は、船内の電動式駆動機構9〜11などを用いて容易に行われるようになる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 船舶の直進航行時にはポッドプロペラと船底下面との間に配設された針路安定用フィンの作用により針路保持が的確に行われる。船舶の旋回時にはポッドプロペラを十分に旋回させるようにしながら、フィンについては回動角を控えめに適度に制御して、同フィンの発生する水平方向の揚力により、船舶の旋回が効率よく助長されるようになり、これにより十分な旋回性能が得られるようになる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT