船舶用プロペラ

開放特許情報番号
L2005004746
開放特許情報登録日
2005/4/15
最新更新日
2016/6/22

基本情報

出願番号 特願2002-332003
出願日 2002/11/15
出願人 独立行政法人海上技術安全研究所
公開番号 特開2004-161208
公開日 2004/6/10
登録番号 特許第3882036号
特許権者 国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 船舶用プロペラ
技術分野 機械・加工、輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 船舶用プロペラ
目的 より一層のルート・エロージョン防止効果を挙げることができる船舶用プロペラを提供する。
効果 キャビテーションの発生をより効果的に抑え、ルート・エロージョン防止効果を向上することができる。
技術概要
回転中心軸を有するボスの外周から半径方向に延びる翼を備え、翼の翼根の翼厚プロフィルが、最大翼厚位置が翼弦長の中央よりも後端側にあるとともに、翼後端面の曲率半径が最大翼厚の30%を超えて50%以下であり、翼の周辺で発生するキャビテーションの崩壊が、実質的に翼後縁よりも後方で起きること、翼弦長Lの中央から最大翼厚位置までの後退寸法ΔLが、0.1L≦ΔL≦0.4Lを満たす、船舶用プロペラである。最大翼厚位置Tmaxは、翼弦長Lの中央Cよりも後端側(図の右側)にあり、且つ、翼弦長Lの中央Cから最大翼厚位置Tmaxまでの後退寸法ΔLが0.1L≦ΔL≦0.4Lを満たすように設定している。そして、翼後端面の曲率半径rは、最大翼厚Tの30%を超えて50%以下(より好ましくは最大翼厚Tの50%近く)に設定している。翼後端の肉厚は、最大翼厚Tの60%〜100%の範囲で形成している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 キャビテーションの発生をより効果的に抑え、ルート・エロージョン防止効果を向上することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT