有機性廃棄物の処理方法

開放特許情報番号
L2005004666
開放特許情報登録日
2005/4/8
最新更新日
2015/9/17

基本情報

出願番号 特願2004-361619
出願日 2004/12/14
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2006-167548
公開日 2006/6/29
登録番号 特許第4448933号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 有機性廃棄物の処理方法
技術分野 その他
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 家庭、工場、下水処理場等から排出される有機性廃棄物を分解、消化する処理に適用する。
目的 特定構造のリアクタを備える嫌気性消化槽を用いて有機性廃棄物を処理する方法を提供する。
効果 効率よく微生物を固定化し、ガス化効率を向上させることが可能になる。
技術概要
有機性廃棄物からなる液状の被処理物を、嫌気性消化槽内において消化微生物の存在下で直接嫌気性処理を行うに際し、表面が炭素繊維で覆われた固定床担体と表面が炭素繊維で覆われた流動床担体を組み合わせた固定床・流動床ハイブリッドリアクタを嫌気性消化槽内に用いる。担体の材質は、無機質材料、樹脂等の有機質材料等いずれでもよいがその表面が、例えば孔隙率92.2%、比表面積0.70g/cm↑3、比重0.11g/cm↑3のカーボンフェルト等の炭素繊維で覆われていることが必要で、補助資材を用いて円筒状、平板状、球状、円盤状の形状で用いられる。例えば、有機性廃棄物貯留タンク1、嫌気性消化槽3、固定床担体4、流動床担体5、攪拌装置6、消化ガス貯留タンク8、固液分離装置10、処理固形物貯留タンク12、処理液相貯留タンク14等等を備えるプロセスにより処理を実施できる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT