パルス出力制御方法及び消耗電極式パルスアーク溶接装置

開放特許情報番号
L2005003105 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2005/3/11
最新更新日
2009/12/11

基本情報

出願番号 特願平10-169655
出願日 1998/6/17
出願人 パナソニック株式会社
公開番号 特開2000-000669
公開日 2000/1/7
登録番号 特許第3075263号
特許権者 松下電器産業株式会社
発明の名称 パルス出力制御方法及び消耗電極式パルスアーク溶接装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 パルス出力制御方法、溶接出力制御、消耗電極式パルスアーク溶接装置
目的 溶接電圧を低下する場合パルス周波数の平均を変化しないようにパルス期間を短縮し、1パルス毎に短絡を規則的に発生させてスパッタの発生量を抑制するパルス出力制御方法及び消耗電極式パルスアーク溶接装置の提供。
効果 溶接電圧を低下させる場合、パルス期間を短縮あるいはピーク電流を低下させることでパルス毎の溶滴の大きさを均一にし規則的に短絡を発生させることにより、スパッタの発生を抑制する効果を奏する。また、溶滴の離脱を予知してピーク期間を終了することにより、同様にパルス毎の溶滴の大きさを均一にし規則的に短絡を発生させることにより、スパッタの発生を抑制する効果を奏する。
技術概要
この技術では、パルス出力制御において、短絡が発生しない条件から低下させた場合の設定溶接電圧、あるいはそのように設定された場合の溶接出力電圧の少なくともいずれか一方を用いてパルス周波数の平均を一定に保つようにパルス期間を設定する。また、パルス期間の設定に際しては、溶接出力電圧あるいは設定溶接電圧の少なくともいずれか一方と設定パルス周波数を用いてパルス周波数の平均を一定に保つようにパルス期間を設定する。また、このパルス期間は、ワイヤ送給量、ワイヤ径あるいはワイヤ材質の少なくとも一つに応じてパルス期間の上限値及び下限値を設定する。また、短絡が発生しない条件から低下した場合の設定溶接電圧、あるいはそのように設定した場合の溶接出力電圧の少なくともいずれか一方と設定パルス周波数を用いてパルス周波数の平均を一定に保つようにピーク電流を設定する。
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT