車両用衝突予知装置

開放特許情報番号
L2005002482
開放特許情報登録日
2005/2/26
最新更新日
2005/2/26

基本情報

出願番号 特願平11-375881
出願日 1999/11/24
出願人 佐々木 久
公開番号 特開2001-153951
公開日 2001/6/8
発明の名称 車両用衝突予知装置
技術分野 電気・電子、輸送
機能 検査・検出、安全・福祉対策
適用製品 反射回帰式赤外線センサー、赤外線投光器
目的 路面に標示された道路標示の位置や種類を正確に検知し、更に適正な車間距離を検知し居眠りや脇見運転等から生じる道路標示の見落としや前車への異状接近を早い段階で乗員に知らせて軌道修正を促し衝突事故を未然に防止する車両用衝突予知装置の提供。
効果 発進時や路側帯等の道路標示上に車両の一部が乗りかかった早い時点で乗員に知らせ危険を回避させることができる。後退時など道路標示上にある車両の端部が確認できるため、区画内に確実に駐車ができ隣接車両や障害物への接触が回避できる。標識や道路標示を見落とした乗員に対してブザーやランプで警告し乗員や、現場作業員等の安全を守ることができる。
技術概要
この技術の車両用衝突予知装置は、車両の前後左右角の下方に向けて反射回帰式の赤外線センサーを固定し真下に向けた場合でも反射素材入り道路標示の手前数cmで検知できるようにする。また、反射回帰式赤外線センサーから発射した赤外線が、道路標示の表面に敷設されたガラスビーズ等の反射素材によって回帰した場合に安定して信号を発しするように感度を調整する。更にどの反射回帰式赤外線センサーが感知したか特定できるように個別のブザーやランプ等で表示させるようにすると共に、道路標示の位置・方向・種類を正確に検知するため、例えば路側帯標示と並行して走行した場合、赤外線センサーによってバーコード状に敷設した反射素材入り道路標示を検知し、制御装置で音声に変換し乗員に知らせるように構成する。また、必要により高速道路・一般道路・前進・後退などに区分し必要な信号を制御装置で選択制御可能とする。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 佐々木 久

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT