5−アルキリデン−2−オキサゾリジノン類の製造方法

開放特許情報番号
L2005000255
開放特許情報登録日
2005/1/21
最新更新日
2015/10/2

基本情報

出願番号 特願2003-054723
出願日 2003/2/28
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2004-262830
公開日 2004/9/24
登録番号 特許第4307106号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 5−アルキリデン−2−オキサゾリジノン類の製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策
適用製品 有機合成反応用試薬、医薬、農薬、化粧品等の合成原料、中間体として有用な5−アルキリデン−2−オキサゾリジノン類の製造に適用する。
目的 プロパギルアミン類を特定の条件下で反応せしめることにより5−アルキリデン−2−オキサゾリジノン類を製造する方法を提供する。
効果 触媒、有機溶媒を使用することなく、高効率で、しかも環境への負荷が小さく、製造できる効果を奏する。
技術概要
式T(R↑1〜R↑3はH、炭化水素)で表されるプロパギルアミン類(例:N−メチルプロパギルアミン)を、臨界状態もしくは1.0MPa以上の高圧の二酸化炭素と反応させて、式Uで表される5−アルキリデン−2−アキサゾリジノン(例:3−メチル−5−メチリデン−2−アキサゾリジノン)を製造する。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT