フラーレン誘導体の製造方法およびフラーレン誘導体

開放特許情報番号
L2005000237
開放特許情報登録日
2005/1/21
最新更新日
2015/11/3

基本情報

出願番号 特願2003-056084
出願日 2003/3/3
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2004-262867
公開日 2004/9/24
登録番号 特許第4004976号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 フラーレン誘導体
技術分野 有機材料、化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、光線力学療法剤、抗エイズ薬等の医薬品、太陽電池電極、EL材料等の複合材料におけるフラーレン源等として広く利用される。
目的 種々の機能性を付与することができるフラーレン誘導体の製造方法及びそのフラーレン誘導体の提供。
効果 修飾アントラセンを用いることにより、高収率でフラーレン誘導体を合成することができ、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
フラーレンと、2、3、6、及び7位の少なくとも一箇所に電子吸引基を有し、かつ電子吸引基の少なくとも1つに、アルキル基、デンドリマー及びポリエチレンオキシドから選択される少なくとも1種であるスペーサを介して機能性官能基が結合している修飾アントラセンとを溶媒中にて混合することにより、式(4)の化合物等のフラーレン誘導体を製造する。尚、電子吸引基は、カルボニル基、エステル基、アミド基、スルホキシド基及びスルホン酸エステル基から選択され、また、機能性官能基は、親水性官能基、疎水性官能基、酸化還元性官能基、分子認識官能基、重合性官能基、金属配位性官能基及び液晶性官能基から選択される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

登録者名称 国立研究開発法人科学技術振興機構

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT