3次元位置キャリブレーション方法およびキャリブレーション装置

開放特許情報番号
L2005000072
開放特許情報登録日
2005/1/7
最新更新日
2015/9/16

基本情報

出願番号 特願2004-272095
出願日 2004/9/17
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-114722
公開日 2005/4/28
登録番号 特許第4317988号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 3次元位置キャリブレーション方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 超音波式3次元位置計測装置、受信器の3次元位置
目的 超音波式3次元位置計測装置において3次元位置を求める際に基準となる複数の受信器の3次元位 置を求める3次元位置キャリブレーション方法およびキャリブレーション装置の提供及び超音波式の3次 元位置計測装置をポータブル化して、より多様な環境であっても使用できるように、簡易にキャリブレー ションを行い、手早く3次元位置計測装置を使用することができるようにした3次元位置キャリブレーシ ョン方法およびキャリブレーション装置の提供。
効果 超音波式3次元位置計測装置において3次元位置を求める際に基準となる複数の受信器の3次元位 置を求めることができる。また、壁または天井など境の任意の位置に取付けられた超音波受信器の3次元 位置を正確に測定することができるので、基準位置のためのキャリブレーションが簡便に行える。
技術概要
この技術による3次元位置キャリブレーション方法によれば、まず、第1のステップにおいて 、複数の超音波発信器を所定の位置関係で搭載したキャリブレーション装置を移動させた複数の地点にお いてそのキャリブレーション装置に取り付けられた複数の超音波発信器から発信される超音波信号により 各地点での複数のそれぞれの受信器の3次元位置が計算されたデータを読み出す。次に、第2のステップ において、複数の地点の各地点において3次元位置が計算可能であった受信器の中で複数の地点から3次 元位置が計算可能であった受信器を選択する。そして、次の第3のステップにおいて、選択された受信器 の3次元位置座標に基づいて特定の地点をワールド座標としてキャリブレーション装置の3次元位置を最 適化法で求めて座標変換行列を作成し、次の第4のステップにおいて、求められた座標変換行列を使って 各地点で求めた受信器の位置をワールド座標系に変換して統合する。ここでの各ステップの処理は、コン ピュータのプログラム処理によって実行される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT