新規アルミニウムケイ酸塩及びその合成方法

開放特許情報番号
L2005000043
開放特許情報登録日
2005/1/7
最新更新日
2015/9/16

基本情報

出願番号 特願2004-263269
出願日 2004/9/10
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2006-076836
公開日 2006/3/23
登録番号 特許第4631022号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 新規アルミニウムケイ酸塩及びその合成方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 低温で、かつ低コストで得られ、熱交換材、天然ガス等の貯蔵、湿度調節剤、デシカント剤、香料等の吸着媒体、吸・脱臭剤、速乾性乾燥剤等として広い分野で利用される。
目的 広範な湿度領域において多様な物質を迅速に吸着及び脱着できる優れた新規なアルミニウムケイ酸塩及びその合成方法の提供。
効果 ナノメーター径の多量の微細孔を有し、相対湿度30〜80%の中湿度領域において優れた吸着特性を示し、その利用価値は極めて大きい。
技術概要
酸化物のモル比で次の組成:SiO↓2・xAl↓2O↓3・yH↓2O(xは0.5〜2.0;yは0〜15)からなり、かつ粉末X線回折スペクトルにおいて、ブラッグ角(2θ±0.5°)3.5°、8.5°、26°及び40°に大きいブロードなピークを有し、更に、ブラッグ角(2θ±0.5°)16.5°、33.5°、44.5°、54°及び66°に小さいブロードなピークを有するアルミニウムケイ酸塩。尚、無機ケイ素化合物溶液と無機アルミニウム化合物溶液を混合してアルミニウムケイ酸塩を形成させ、これを脱塩処理して得られるアルミニウムケイ酸塩の分散溶液をエージングさせた後、100℃以下の温度で乾燥させて、アルミニウムケイ酸塩を合成する。更に、アルミニウムケイ酸塩からなる吸着剤を製造する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT