新規セレニルリンカー及びその用途

開放特許情報番号
L2004009064
開放特許情報登録日
2004/12/24
最新更新日
2015/9/15

基本情報

出願番号 特願2003-075057
出願日 2003/3/19
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-277387
公開日 2004/10/7
登録番号 特許第4016104号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 新規セレニルリンカー及びその用途
技術分野 化学・薬品、有機材料、その他
機能 材料・素材の製造、その他
適用製品 新規セレニルリンカー、デヒドロアミノ酸、デヒドロペプチド
目的 デヒドロアミノ酸及びデヒドロペプチドのように不安定な化合物を簡便かつ高効率に合成するための手段及び方法を提供する。
効果 二重結合を有する化合物などの不安定な化合物を合成するためのリンカー及び該化合物の合成方法が提供される。
技術概要
本発明のリンカーは、図1に示す式(I)で表される。式中、R↑1は複素原子を有していてもよい二価の有機基を表し、R↑2はOR↑3又はNHR↑3を表し、R↑3は水素原子、又はtert−ブチル、エステルメチル、エチル、ベンジル、アリル等、及びその他の保護基からなる群より選択される保護基を表す。またこのリンカーを用いることを特徴とするデヒドロアミノ酸、デヒドロペプチド等の二重結合を有する化合物の合成方法である。図2は本発明のリンカーを用いた保護アミノ酸へのリンカー導入とペプチド合成の反応を示す図である。球はアミノエチル化樹脂を表す。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 二重結合を有する化合物などの不安定な化合物を合成するためのリンカー及び該化合物の合成方法が提供される。
改善効果2 本発明のリンカーは、特にデヒドロアミノ酸及びデヒドロペプチドの合成に好適に使用することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT