亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、過炭酸亜鉛錯体、および前記各化合物の酸化剤としての利用

開放特許情報番号
L2004008903
開放特許情報登録日
2004/12/3
最新更新日
2015/11/3

基本情報

出願番号 特願2003-047345
出願日 2003/2/25
出願人 独立行政法人科学技術振興機構
公開番号 特開2004-256419
公開日 2004/9/16
登録番号 特許第3986448号
特許権者 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、過炭酸亜鉛錯体、および前記各化合物の酸化剤としての利用
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 酸化剤として有用な亜鉛ヒドロペルオキシド錯体及び過炭酸亜鉛錯体に適用する。
目的 特定の化学構造を有する新規な亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、及びその錯体から導かれる過炭酸亜鉛錯体を提供する。
効果 亜鉛は鉄等と同様に生体内で利用されている金属であり、従って安全な消毒剤、酸化漂白剤としての利用が可能になる。
技術概要
式:[Zn(bnpa)(OOH)]↑+L↑1↑−[bnpa=bis(6−neopentylamino−2−pyridylmethyl)(2−pyridylmethyl)amine;L↑1↑−は1価の正イオンと対をなす陰イオン]または式:[Zn(H↓2bppa)(OOH)]↑+L↑1↑−[H↓2bppa=bis(6−pivalamido−2−pyridylmethyl)(2−pyridylmethyl)amine]で表される亜鉛ヒドロペルオキシド錯体、及びこの錯体に炭酸ガスを吹き込んで得られる式:[Zn(bnpa)↓2(CO↓4↑2↑−)]↑2↑+Q↑2↑−(Q↑2↑−は2価の正イオンと対をなす陰イオン)または式:[Zn(H↓2bppa)↓2(CO↓4↑2↑−)]↑2↑+Q↑2↑−で表される過炭酸亜鉛錯体とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT