焼結装置

開放特許情報番号
L2004008634
開放特許情報登録日
2004/11/12
最新更新日
2015/9/15

基本情報

出願番号 特願2003-046690
出願日 2003/2/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-256845
公開日 2004/9/16
登録番号 特許第4119978号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 焼結装置及び焼結方法
技術分野 機械・加工
機能 加熱・冷却、加圧・減圧
適用製品 金属、セラミックス
目的 長尺の棒材又は断面が一様でない焼結体であっても、焼結体の品質が均一であり、焼結性に優れた焼結装置の提供。
効果 原料と電極とを相対的に移動させながら焼結することができ、製品全体を一度に焼結する必要がないため加熱する領域を小さくすることができる。又、焼結時の温度むらが抑制され、品質に優れた長尺焼結体又は断面形状が一様でない部材の焼結体の製造が可能となる。
技術概要
この技術では、筒状の成形空間を有する型内に粉末を装填し、さらに昇降ステージを一旦固定して高さ位置を調節した後、型の上端部から加圧する上パンチにより原料焼結粉末を押圧する。一方、通電用電極の位置を原料焼結粉末の焼結部分に位置合わせして上下の位置を設定すると共に通電を開始する。通電焼結は短時間で実施される。長尺の棒状材を焼結する場合、ステージ位置の調整は段階的に又は連続的に行うこともできる。また通電を行いながら又は通電を断続させてステージ位置を調整するもできる。すなわち、ステージ位置を段階的に又は連続的に任意に調節し、また同時に通電を行いながら又は通電を断続させて、型の一端部から加圧するパンチにより原料焼結粉末を押圧し焼結を行うことができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT