袋等の縁、補強器具、係止器具、吊り下げ器具、係止部分の係止方法、移動方法、固定方法、取り付けられる相手方への固定手段、その製造方法

開放特許情報番号
L2004008594
開放特許情報登録日
2004/11/5
最新更新日
2008/10/17

基本情報

出願番号 特願平11-377464
出願日 1999/12/16
出願人 佐藤 ひとみ
公開番号 特開2001-171694
公開日 2001/6/26
発明の名称 袋等の縁補強器具、袋等の縁係止器具、袋等の縁吊り下げ器具、係止部分の係止方法、移動方法、固定方法、取り付けられる相手方への固定手段、その製造方法
技術分野 輸送、生活・文化、その他
機能 環境・リサイクル対策、安全・福祉対策、その他
適用製品 台所の生ゴミ入れから簡易くず入れ、簡易トイレ、簡易浴そう等介護用品、運搬用品、生活用品、災害用品、アウトドア用品、簡易テント、簡易ドーム等。
目的 袋等を最後まで扱い易くし、十分に活用し、資源を大切にして、生活、環境をよりよいものにする。
効果 袋等とは材質、形状を問うものではないので、生活、環境にと利用範囲が広く、たとえば自動車用ゴミ入れ用とした場合、使わない時は場所をとらず、使い終わったら、袋ごと捨てそうじの心配がなく取り付け簡単、自動車の窓からのゴミ捨てがなくなる(公害防止)、簡易トイレとした場合、それをパックし生ゴミ処理機に接続すれば、下水道量が減少するものと考えられ、立体的に強度にすると簡易テント、簡易ドームとして対応できるという効果がある。
技術概要
@袋等の縁に装着して部分的又は全周を硬質体、半硬質体、弾性体で補強する袋等の縁補強器具。 A部材の材質どうしが弾性変形、あるいは塑性変形し、係止する係止方法、それを有する係止器具、吊り下げ器具。係止部分の強弱による移動方法、固定方法。 B部材にカット線を入れる。カット線を入れた、切り取り機能。 C部材に折り線を入れる。折線を入れた、折りたたみ機能。 D部材にカット線を入れた、折り曲げ機能、切り取り機能。 Eシリコンをすべりどめ作用として使用する使用方法。 F取り付けられる相手方への固定手段が取り付けられる相手方に合わせて多くの固定手段と多くの機能を適当につけたり適当に組み合わせることが可能なことを特徴とする固定手段それを有する製造方法。 G取り付けられる相手方への固定手段が取り付けられる相手方に合わせて追加加工できることを特徴とする固定手段それを有する製造方法。
実施実績 【有】  一部分 実績有
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
希望譲渡先(国内) 【可】できれば 千葉県
希望譲渡先(国外) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
希望譲渡先(国内) 【可】できれば 千葉県
希望譲渡先(国外) 【否】 

アピール情報

アピール内容 優先権主張<有>、商標登録3190020 パックハンガー<有>、意匠登録<有>
出展実績 社団法人 全国発明婦人協会「暮らしの発明展」奨励賞受賞

登録者情報

登録者名称 佐藤 ひとみ

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
追加情報 優先権主張<有り>、商標登録3190020 パックハンガー<有り>、意匠登録<有り>
Copyright © 2018 INPIT