好熱菌由来オリゴペプチダーゼ

開放特許情報番号
L2004008536
開放特許情報登録日
2004/10/29
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2003-056726
出願日 2003/3/4
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-261138
公開日 2004/9/24
登録番号 特許第4078417号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 好熱菌由来オリゴペプチダーゼ
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 温度安定性に優れ、リウマチ、歯周病の炎症等の生理現象や疾患と関わり合っており、治療剤、機能性食品、化粧品材料等として広い分野で利用される。
目的 新規なオリゴペプチダーゼ及びその製造法の提供。
効果 コラーゲン分解性プロテアーゼの分解物に作用させることによって、更に小さい分解物とすることができ、その利用価値は極めて大きい。
技術概要
作用:Pz−PLGPRをPz−PLとGPRに分解し、ブラジキニンをRPPGFとSPFRに分解する;基質特異性:FALGPA、Pz−PLGPR等を分解するが、タイプTコラーゲン、ゼラチン等を分解しない;至適pH:8.0〜9.0;力価の測定法:ニンヒドリン比色法、HPLC;至適温度:70℃;作用適温範囲:50〜70℃;加熱安定性:pH8.5において70℃、30分間加熱後100%の酵素活性が残存し、74℃で30分間加熱後、55%の酵素活性が残存する;分子量:70kDa(変性条件下、SDS−PAGE法、253kDa(非変性条件下、ゲル濾過法)、等の特性を有するオリゴペプチダーゼ。尚、Geobacillus属に属する、Geobacillus collagenovorans MO−1株(FERM P−19230)等のオリゴペプチダーゼ生産菌を培養させて、オリゴペプチダーゼを製造する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT