活性塩素を有する複素環化合物

開放特許情報番号
L2004008530
開放特許情報登録日
2004/10/29
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2003-051545
出願日 2003/2/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-256488
公開日 2004/9/16
登録番号 特許第4174588号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 活性塩素を有する複素環化合物
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 標識用蛍光試薬の前駆体であるキノキサリン系複素環化合物に適用する。
目的 特定の化学構造を有する、保存安定性に優れたキノキサリン系複素環化合物を提供する。
効果 容易に合成できる。
技術概要
式(1)(R↑1〜R↑3はH、芳香族等;R↓4はH、脂肪族等)、式(2)及び式(3)(Crownはクラウンエーテル残基)等で表される複素環化合物。例えば式(1)で表される化合物は、式(7)で表される化合物を、窒素ガス等の不活性ガス雰囲気下において、ドデカン、ジフェニルエーテル等の有機溶媒中、150〜300℃、好ましくは180〜250℃の温度で熱転移反応せしめて製造できる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT