アルミナ多孔質セラミックス及びその製造方法

開放特許情報番号
L2004008519
開放特許情報登録日
2004/10/29
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2003-078703
出願日 2003/3/20
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-250307
公開日 2004/9/9
登録番号 特許第4054872号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 アルミナ多孔質セラミックス及びその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 高温燃焼ガス排気フィルター、触媒担体、断熱材、吸音材等の構造材として有用なセラミックスを得る。
目的 特定のアルミニウム粉末に水を添加して成形加工することにより、開気孔率を所定の範囲に調節してなる多孔質セラミックスの製造方法を提供する。
効果 有機質結合剤等の添加剤を使わずに、成形体強度に優れ、更に、可燃性気孔形成剤等の添加剤を使わずに、成形後の気孔率を所定の範囲に調節でき、環境に対する負荷が小さく、容易にかつ低コストで製造することが可能になる。
技術概要
水硬化アルミナ粉末と、酸化アルミニウム粉末及び/または酸化アルミニウム水和物粉末からなる混合粉末を、水と混練して成形、乾燥、焼成して、開気孔率が5%以上で、0.01〜20ミクロンの範囲に、少なくとも一つの気孔分布をもつ多孔質セラミックスを製造する。水硬化アルミナは、平均粒子径が100ミクロン未満のものが用いられ、そして混合粉末に少なくとも5%含まれるように調製され、また、混合粉末100重量部当り、5〜200重量部の水と混練されるのが好ましい。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT