スフィンゴ脂質誘導体

開放特許情報番号
L2004008513
開放特許情報登録日
2004/10/29
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2003-037304
出願日 2003/2/14
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-244388
公開日 2004/9/2
登録番号 特許第4210744号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 スフィンゴ脂質誘導体
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 スフィンゴ誘導体に適用する。
目的 同一分子内にセラミド誘導体を2分子有してなる新規なスフィンゴ誘導体を提供する。
効果 細胞膜貫通型の界面活性としての性質を有し、抗腫瘍剤、抗インフルエンザ剤等の医薬、保湿剤、育毛剤等の化粧品、農薬、工業薬品等に幅広く利用できる効果を奏する。
技術概要
式T(R↑1は有機基;R↑2〜R↑7はH、有機基)で表されるスフィンゴ誘導体とする。R↑1の有機基は、脂肪族基、芳香族基、複素環基等が含まれ、例えばアルキル基、アリール基、チオヘン環等が例示され、また、R↑2〜R↑7の有機基は、糖化合物残基、核酸化合物残基等が含まれ、例えばアラビノース、グルコサミン、ヌクレオシド、ヌクレオチド等が例示され、それらいずれの基であってもよい。尚、この誘導体は、例えば、式Uの反応スキームに従って合成される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT