入力操作装置およびそれを使用する印鑑彫刻システム

開放特許情報番号
L2004008382
開放特許情報登録日
2004/10/22
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2004-215787
出願日 2004/7/23
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-059589
公開日 2005/3/10
登録番号 特許第4441612号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 入力操作装置およびそれを使用する印鑑彫刻システム
技術分野 機械・加工
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 印章製造システム、印章彫刻方法及び印章彫刻機
目的 専門知識を必要とせず、作者自身が簡便な方法で加工機の運動を制御し、制作意図が加工結果に直接反映される迅速かつ簡便で、かつただ1個の制作に適した入力操作装置および方法ならびにそれを使用する印鑑彫刻システムおよび方法の提供。
効果 作業者は切削材料の切削完了状態のイメージを記載した部材上でポインタを移動操作するだけで、切削材料に対して切削加工を行うことができる。このため、加工機の操作に熟練していない者でも、精度よく、加工を行うことができる。
技術概要
この技術では、彫刻加工機は、エンドミル工具を回転させる主軸と、その工具と被削材料との間に相対的な運動を発生させる機構を有する。又、手動制御信号入力装置は、その一部であるポインタを作業者が手動にて操作し、その動きを連続的かつ実時間的に検出し、検出した操作を電気信号(移動量検出信号)の形態で出力する。そして、信号伝達制御装置は、手動制御信号入力装置から出力される移動量検出信号を受け、ポインタの運動に対応した運動、たとえば、一定の割合で縮小した運動を彫刻加工機にさせるように彫刻加工機上の切削工具を3次元空間上で移動させるための駆動信号を送り、彫刻加工機を制御する。尚、パーソナルコンピュータ(PC)は入力インターフェースを介して移動量検出信号を入力し、入力した移動量検出信号の示す移動量に基づいて、彫刻加工機により彫刻される印鑑の形状を表示装置の表示画面上に表示する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT