生体親和性インプラント材及びその製造方法

開放特許情報番号
L2004008375
開放特許情報登録日
2004/10/22
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2004-211053
出願日 2004/7/20
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-095584
公開日 2005/4/14
登録番号 特許第4635177号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 生体親和性インプラント材及びその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 生体インプラント材、生体親和性インプラント材、人工関節、人工歯根
目的 生体インプラント材用基材物質に対する密着性に優れ、生体活性を有する表面層を有する新規生体親和性インプラント材の提供。
効果 チタン、酸化チタン及び窒化チタン並びにそれらの固溶体を主成分とする、密着性に優れ、生体活性の付与された被覆層を有する生体インプラント材を提供することができる。また、生体インプラント材表面にポーラスな被覆層を形成すると同時に被覆層に生体活性を付与することが可能である。
技術概要
 
この技術では、生体インプラント材は、生体インプラント用基材の表面にチタン又はチタン合金、及びチタンの酸化物を主成分とする被覆層を有する。また、生体インプラント用基材の表面近傍にアナターゼ相を含む酸化チタンとチタン又はチタン合金とからなる複合皮膜を有する。さらに、被覆層を形成するチタン又はチタン合金の粒子の表面並びに界面近傍の少なくとも一部に酸化チタン層を有し、被覆層は、基材に対する密着性、及び生体親和性向上作用を有するものとする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT