コアセルベートを活用したリポソームの製造方法

開放特許情報番号
L2004008370
開放特許情報登録日
2004/10/22
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2004-207860
出願日 2004/7/14
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2006-028069
公開日 2006/2/2
登録番号 特許第4452799号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 コアセルベートを活用したリポソームの製造方法
技術分野 化学・薬品
機能 材料・素材の製造
適用製品 リポソーム、コアセルベート、医薬品
目的 薬物、生理活性物質、遺伝子などの物質を効率良く封入でき、標的細胞へ高い効率で導入でき、さらには、水溶液状態で長時間安定なリポソームの製造方法、その製造方法により製造されるリポソーム、およびそれよりなる物質導入担体の提供。
効果 生理活性物質、遺伝子などの物質を効率良く封入でき、かつ水溶液状態で長時間安定なリポソームを提供するため、リポソームの常温での長期安定性や物質内包効率の低さを解決するものであり、標的細胞へ高い効率で導入できる。
技術概要
 
この技術は従来技術の欠点を克服し、リポソームに薬物、生理活性物質、遺伝子などの物質を効率良く封入でき、かつ室温において水溶液状態で長時間安定なリポソームの製造方法およびリポソームについて研究を行った結果、糖脂質を用いて形成したコアセルベートから、リポソームを形成せしめることによって、薬物、生理活性物質、遺伝子などの物質を効率良く封入でき、かつ水溶液状態で長時間安定なリポソームを製造可能にした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT