ゼラチンなどの天然高分子からなるゲルの製造方法とその製造法によって得られた特異な形状のゲル

開放特許情報番号
L2004008227 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2004/10/8
最新更新日
2015/7/31

基本情報

出願番号 特願2003-055168
出願日 2003/3/3
出願人 独立行政法人食品総合研究所
公開番号 特開2004-263081
公開日 2004/9/24
登録番号 特許第3747227号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 高分子ゲルの製造方法およびこの製造方法で得られた高分子ゲル
技術分野 化学・薬品、有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造、食品・飲料の製造、加熱・冷却
適用製品 ゼラチン・寒天(アガー)・ペクチン・カラギーナンなどの高分子ゲルの製造方法、医療用や美容用パッチ・DDS(ドラッグテリバリーシステム)用マイクロカプセル・補助食品などとしての高分子ゲル
目的 ゼラチンなどの天然高分子からなるゲルを任意の寸法・形状に成形する方法とこの製造方法で得られた高分子ゲルを提供する。
効果 本発明によれば、接着性に極めて富むゼラチンなどを成形する基板に疎水処理と親水処理を施したことで冷却後にゲル状の高分子を簡単に剥離することができ、任意の凹凸形状を有するシート状高分子あるいは任意の形状のブロック状高分子を得ることができる。そして、シート状高分子ゲルは変形態に優れたパッチ、微細ブロック状高分子ゲルはその大きさを任意に定めることができるので薬剤の徐法性のコントロールに優れたDDS用のマイクロカプセルなどに有効である。またゲル内に任意の細胞や化学物質を内包できるので補助食品などとしても有用である。
技術概要
 
多数の凹部または凸部が形成されている基板表面をシランカップリング処理によって疎水化処理を施した後にアルコール(エタノール)によって親水化処理を施し、次いでこの基板表面にゼラチン、寒天(アガー)、ペクチン、カラギーナンなどのゾルゲル転移を引き起こす高分子多糖の天然高分子からなるゾルを流し出し、この天然高分子ゾルを冷却し架橋することで機械的強度を高めたゲル状とした後、基板から剥離する高分子ゲルの製造方法である。そして、得られた高分子ゲルはそのゲル内に細胞または化学物質が保持され、その形状は多数の凹凸部が一面側に形成されたシート状若しくは多数の凸部を分離して得られる微小ブロック状をなしている。また、得られた高分子ゲルは基板状をなしその一部に分散相が連続相へ入り込むことが可能なマイクロチャネルが形成されている。なおマイクロチャネルのサイズとしては幅10〜400μm、深さ10〜100μmのものが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT