複数チャンネルを利用した無線ネットワークシステム及びその制御装置

開放特許情報番号
L2004008032 この特許が掲載されている活用例集をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2004/9/11
最新更新日
2016/12/23

基本情報

出願番号 特願2000-344733
出願日 2000/11/13
出願人 独立行政法人電子航法研究所、クラリオン株式会社
公開番号 特開2002-152806
公開日 2002/5/24
登録番号 特許第3462172号
特許権者 クラリオン株式会社、国立研究開発法人海上・港湾・航空技術研究所
発明の名称 複数チャンネルを利用した無線ネットワークシステム及びその制御装置
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 制御・ソフトウェア、機械・部品の製造
適用製品 無線ネットワークシステム
目的 異なったチャンネル間でも移動局の位置情報等を共有でき、チャンネルの異なるサービスエリア間の移動局のローミングを実現可能な無線ネットワークシステムのための制御装置と、無線ネットワークシステムを提供する。
効果 主管制局が各チャンネルの管制局の動作管理を行うことで、すべての基地局情報と移動局情報を把握でき、すべての基地局と移動局を一元管理することができる。
技術概要
本発明は、複数個の移動局を収容可能なサービスエリアを複数設定し、各サービスエリア内で稼働する移動局と無線通信を行う少なくとも一つの基地局が各サービスエリアに設置された無線ネットワークシステムにおいて、移動局と基地局は複数の無線周波数チャンネルを用いてデータ通信されており、各チャンネルで稼働する基地局及び基地局とデータ通信が可能な移動局だけを管理する一つの管制局を各チャンネルに割り当てることで全サービスエリアに対して複数の管制局を設け、さらに、複数の管制局を統括的に管理する主管制局を設け、各管制局は各チャンネルで運用されている全移動局の情報を把握し、この移動局情報とそれが管理する基地局情報を主管制局へ送信し、この情報に基づいて主管制局は各基地局で監視している移動局情報と各チャンネルで監視している移動局情報とを把握し、さらにシステム全体の移動局テーブルを作成し、各管制局の問い合わせに応じて各チャンネルの基地局情報及び移動局情報を提供するものである。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 複数のチャンネルを用いて無線ネットワークシステムを運用することで、システムのボトルネックになりやすい無線部のデータレートが上がり、システム全体で移動局の収容台数が増加することができる。
改善効果2 チャンネルが異なるため、サービスエリア内干渉を気にすることなくシステムのサービスエリア設定が可能で、システム全体のサービスエリアを容易に拡大することができる。
改善効果3 負荷に対応したサービスエリア設計が可能となり、異なったチャンネル間で特定の移動局とのデータ通信が可能となる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【有】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT