固体導入によるキャビテーション気泡増加方法

開放特許情報番号
L2004007973
開放特許情報登録日
2004/9/11
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2004-160548
出願日 2004/5/31
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-007392
公開日 2005/1/13
登録番号 特許第4997407号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 固体導入によるキャビテーション気泡増加方法
技術分野 機械・加工
機能 洗浄・除去
適用製品 超音波照射、キャビテーション気泡、超音波洗浄装置
目的 超音波照射時の液中へ粒子等の固体を添加(導入)し、超音波照射下の液中に固体を存在させ、キャビテーション気泡を増加することによりキャビテーションを増加する方法等の提供。
効果 超音波照射下の液中のキャビテーション気泡を増加させることができる。またキャビテーション気泡の増加により、OHラジカルならびに過酸化水素の生成を向上できる。キャビテーション気泡の増加により、化学反応における反応サイトが増加する。
技術概要
この技術では、超音波照射下の液中に固体物質を存在させることによりキャビテーション気泡を増加させる。また、このキャビテーションの増加によりOHラジカルならびに過酸化水素の生成を促進せしめる。OHラジカルならびに過酸化水素の生成を促進することにより化学反応における反応サイトを増加せしめる。また、液中に金属イオンを存在させるようにしてもよい。そして、反応サイトを増加することにより化学反応の反応速度を向上せしめる。さらに、液中のキャビテーションの増加によりキャビテーション閾値を低下させることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT