耕作者の申請内容と実際に作付けされている圃場作付け状況との照合・確認を正確かつ迅速に行うことができる圃場作付け状況確認システム

開放特許情報番号
L2004007539 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2004/8/20
最新更新日
2015/7/31

基本情報

出願番号 特願2003-004147
出願日 2003/1/10
出願人 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2004-220149
公開日 2004/8/5
登録番号 特許第3882037号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 圃場作付け状況確認システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 GIS(作付け圃場地図)とGPS(Global Positioning system)とを利用した圃場作付け状況確認システム及び圃場作付け状況確認方法
目的 転作確認作業等の際に、圃場作付け状況と圃場作付け申請データとの現場での照合をGIS(作付け圃場地図)とGPS(Global Positioning System)とを利用して、正確にかつ迅速に行うことができる圃場作付け状況確認システムを提供する。
効果 本発明によれば、自治体の職員等が転作状況等圃場作付け状況の確認を行う際に、耕作者の申請内容と実際に作付けされている圃場作付け状況との照合・確認を正確にかつ迅速にまた簡単に行うことができる。
技術概要
 
地図上での複数の圃場の位置情報を含む作付け圃場地図情報と、圃場の作付け申請データとを、圃場毎にその圃場を識別する圃場IDとともに対応付けて記憶するデータベースと、作付け圃場地図情報と現在位置とに基づき作付け状況確認者を圃場に設置されその圃場を他の圃場と識別するための圃場IDコードの内容を確認可能な場所まで導く現在位置情報取得手段と、データベースに基づき圃場IDコードをキーとして検索された圃場IDに対応する圃場の作付け申請データにおける作付状況と圃場における実際の作付け状況とを照合する照合手段と、確認対象となる可能性の高い圃場候補又は圃場IDコード候補を対象外の圃場と区別できるように圃場地図情報上において報知するための制御を行う報知制御手段と、作付け状況確認者の圃場IDコードの読み取り作業を補助する読み取り作業補助手段と、圃場IDコードを電気的又は磁気的に記憶する非接触タグ並びに記憶された圃場IDコードを読み取るIDコード読み取り手段と、を有して、位置的に近い複数の圃場をグループ化しグループ内圃場IDに対応する圃場IDコードが圃場に設置されている圃場作付け状況確認システムである。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT