帳票処理装置、帳票データ入力装置、帳票入出力システム、帳票定義情報作成装置、プログラム、プログラム記録媒体

開放特許情報番号
L2004007527
開放特許情報登録日
2004/8/20
最新更新日
2009/12/11

基本情報

出願番号 特願2001-193064
出願日 2001/6/26
出願人 株式会社PFU
公開番号 特開2003-006556
公開日 2003/1/10
登録番号 特許第4356859号
特許権者 株式会社PFU
発明の名称 帳票処理装置及びそのプログラム、帳票定義情報作成装置及びそのプログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 帳票入力及び帳票出力において共通化された帳票の定義情報を用いる帳票処理装置
目的 帳票の開発の工数及び帳票変更時にこれらを変更するためのメンテナンスの工数を、低減する。
効果 帳票の開発の工数及び帳票変更時にこれらを変更するためのメンテナンスの工数を、従来の約半分にすることができる。
技術概要
 
ウェブブラウザを有する帳票データ入力装置にインターネットを介して接続される帳票処理装置であって、レイアウト情報、出力制御情報、入力制御情報を含む帳票定義情報に基づいて、前記帳票データ入力装置に送信して当該帳票イメージを表示するためのHTMLファイルを作成する帳票定義情報変換部と、前記帳票定義情報と前記帳票データ入力装置から送信された出力用データとに基づいて、当該帳票である出力物を出力する帳票出力部とを備える。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 帳票処理装置において、帳票の入力時及び出力時において共通の帳票定義情報を用いるので、帳票の開発の工数及び帳票変更時にこれらを変更するためのメンテナンスの工数を、従来の約半分にすることができる。
改善効果2 帳票データ入力装置において、帳票の入力時及び出力時に共通の帳票定義情報に基づいて帳票データ入力装置から帳票の入力及び出力が可能となり、クライアント/サーバ型の電子帳票システムとは異なり、各々のアプリケーションプログラムを不要にできる。
改善効果3 帳票定義情報作成装置において、帳票の入力時及び出力時における共通の帳票定義情報を開発者の負担をできるだけ少なくして容易に作成することができる。

登録者情報

登録者名称 株式会社PFU

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT