結晶化ガラス蛍光体

開放特許情報番号
L2004007472
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2004-137962
出願日 2004/5/7
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-320186
公開日 2005/11/17
登録番号 特許第5057415号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 結晶化ガラス蛍光体
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 結晶化ガラス蛍光体に適用する。
目的 特定の成分が特定の組成比で構成されその一部が結晶として存在する結晶化ガラス蛍光体を提供する。
効果 成形性が良好で、励起光の照射により可視域に強い発光を示す材料が可能になる。
技術概要
(A)SiO↓2:20〜99モル%、(B)B↓2O↓3:0〜50モル%、(C)P↓2O↓5:0〜70モル%、(D)周期律表の1族、2族、4族〜16族(但し、B、Si、N、PO、Sは除く)、スカンジウム、イットリウム、ランタンから選ばれる1種以上の元素の酸化物:0.01〜45モル%、(E)セリウム、プラセオジム、ネオジム等の1種以上の希土類元素の酸化物:0.01〜10モル%からなり、前記成分Dの一部が結晶として存在する結晶化ガラス蛍光体にする。前記組成を有する原料を混合し溶融した後、溶融物を基板上に滴下し、冷却してガラス化し、次いで、400〜1200℃に加熱して、ガラス化した滴下物の一部を結晶化させることにより得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT