抗インターロイキン21受容体(IL−21R)抗体および本抗体を産生するハイブリドーマ

開放特許情報番号
L2004007448
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2004-123854
出願日 2004/4/20
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-306757
公開日 2005/11/4
登録番号 特許第4471721号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 抗インターロイキン21受容体(IL−21R)抗体および本抗体を産生するハイブリドーマ
技術分野 食品・バイオ
機能 その他
適用製品 細胞、遺伝子操作技術等に有用な抗インターロイキン21受容体(IL−21R)モノクローナル抗体に適用する。
目的 インターロイキン21受容体(IL-21R)を抗原としてハイブリドーマ法で得られる抗インターロイキン21受容体(IL-21R)モノクローナル抗体を提供する。
効果 生理活性を有する未変性のインターロイキン21受容体(IL-21R)のみを特異的に認識し、変性したインターロイキン21受容体(IL-21R)を認識しないモノクローナル抗体が可能になる。
技術概要
ヒトインターロイキン21受容体(IL-21R)を抗原として、マウス脾細胞を免疫感作して得られた細胞とミエローマ細胞とを融合してヒトインターロイキン21受容体(IL-21R)抗体を産生するハイブリドーマクローンを得、これを更に培養し、スクリーニングして得られる、生理活性を有する未変性のインターロイキン21受容体(IL-21R)のみを認識する抗インターロイキン21受容体(IL-21R)モノクローナル抗体にする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT