電圧発生装置

開放特許情報番号
L2004007433
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2006/3/10

基本情報

出願番号 特願2004-115940
出願日 2004/4/9
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-300317
公開日 2005/10/27
発明の名称 電圧発生装置
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 定電圧電源、ジョセフソン素子、標準電圧
目的 環境が多少変化しても、大きな電流を取り出しても、また比較的雑音の多い負荷に接続しても、ジ ョセフソン素子を利用した標準電圧発生装置と同程度の精密で安定した電圧を発生させることのできる電 圧発生装置の提供。
効果 環境が多少変化しても、大きな出力電流を取り出しても、また比較的雑音の多い被測定物に接続し ても、ジョセフソン素子を利用した標準電圧発生装置と同程度の精密で安定した電圧を発生させることが できる。
技術概要
この技術は、半導体を用いた定電圧発生部と、ジョセフソン素子によって標準電圧を発生させ るジョセフソン電圧発生部とから構成され、定電圧発生部からのフィードバック電圧とジョセフソン電圧 発生部からの出力電圧とを比較し、検出された差電圧を定電圧発生部に帰還して制御することにより、定 電圧発生部から標準電圧と同程度の精密な電圧を出力させる電圧発生装置である。具体的には、計測制御 部で計算された帰還信号はD/A変換器を介して電圧発生部に送られると、電圧発生部から出力されるフ ィードバック電圧V↓(fb)及び出力電圧V↓(out)は微調整されて出力される。その結果、定電 圧発生部、即ち、電圧制御ユニットのフィードバック電圧V↓(fb)をジョセフソン素子の標準電圧V ↓Jと等しくすることができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT