アルミニウム焼結材の製造方法

開放特許情報番号
L2004007347
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2004-088979
出願日 2004/3/25
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-308004
公開日 2004/11/4
登録番号 特許第4206476号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 アルミニウム焼結材の製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 軽量化が求められている自動車をはじめとする各種輸送機器の焼結構造部材の製造に適用する。
目的 出発原料の粒径、脱脂雰囲気、焼結時の真空度を制御することにより、簡便なプロセスでアルミニウム焼結材を製造する方法を提供する。
効果 自由な形状に成形することができ、しかも、高密度で機械的特性に優れた焼結材の製造が可能になる。
技術概要
 
平均粒径が1〜10μmのアルミニウムを主成分とする粉末に、有機バイイダーを体積比で30〜50%の量で添加して混合することにより混練物を形成した後、目的とする形状に成形して成形体とし、次いで、この成形体に、アルゴンガス等の不活性雰囲気で脱脂処理を施し、続いて、真空度が1×10↑−↑1〜1×10↑−↑5の真空中で焼結体を形成してなる製造方法にする。これにより、相対密度が90%以上の焼結材が得られる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT