光重合性脂質膜による膜内分子の水平拡散制御

開放特許情報番号
L2004007286
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2015/9/14

基本情報

出願番号 特願2004-069864
出願日 2004/3/12
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-309464
公開日 2004/11/4
登録番号 特許第4150793号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 光重合性脂質膜による膜内分子の水平拡散制御
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品
機能 検査・検出、安全・福祉対策、食品・飲料の製造
適用製品 疑似生体膜、光重合性脂質膜
目的 蛋白質の移動性が異なる少なくとも2つの区画を有する疑似生体膜及びその製造方法を提供する。
効果 蛋白質の移動性が異なる区画を形成して、蛋白質の移動を制御できる。
技術概要
本発明は、無ないし低度重合脂質から構成され生体高分子が移動可能な少なくとも2つの易移動性区画及び高度重合脂質から構成され生体高分子の移動が制限された難移動性区画を有し、かつ、易移動性区画間の低分子物質移動を可能にする中程度移動性区画をさらに有するパターン化された疑似生体膜を提供するものである。中程度移動性区画は中程度重合脂質からなる。又、生体高分子が蛋白質、多糖、糖タンパク、DNA及びRNAから選ばれる。易移動性区画は非光重合性のリン脂質、スフィンゴ脂質、糖脂質、ステロイド及び膜タンパクからなる。具体的な作成例を図1,2,3に示す。図1は光重合性脂質でパターン形成する様を、図2はこのようにして作成した各区画に脂質を分画配置した例、図3は中程度移動性区画を利用して、易動性区画の間の物質移動を可能にした例を示している。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT