コレステリック液晶の物性特性の予測解析装置

開放特許情報番号
L2004007279
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2004-067982
出願日 2004/3/10
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-257410
公開日 2005/9/22
登録番号 特許第4210759号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 コレステリック液晶の物性特性の予測解析装置
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 内分泌攪乱物質、薬剤
目的 コレステリック液晶について、新たな物理的特性を有するコレステリック液晶化合物を設計する分 子設計を行うに際し、不斉を有するコレステリック液晶の物性を予測解析する装置及び分子の立体配座構 造を予測する装置の提供。
効果 解析装置は、キラリティーと高い自由度を有する、コレステリック液晶等の物性予測に用いること が出来るので、新たな機能を有する液晶分子の設計に活用することができる。
技術概要
 
この技術では、共通する骨格を有する一連のコレステリック液晶分子等の赤外円二色性スペク トルから有意な差異を有するバンドを抽出する装置、バンド強度をプロットする装置(第一工程)、その 相関を検証する装置(第二工程)を結合することにより、不斉を有する液晶等の物性を予測解析可能とな ること、また、第一工程の得られた結果と、不斉を有する液晶分子等の実測の赤外円二色性スペクトルと 候補立体配座から求めた予測スペクトルとの一致を検証する装置(第三工程)を結びつけることにより、 高い自由度を有する液晶分子等の立体配座構造を予測可能することができる。第一工程に続いて、第二工 程の装置及び第三工程の装置を並列に結合することにより、不斉を有する液晶等の物性を予測解析しかつ 不斉を有する液晶分子等の実測の赤外円二色性スペクトルと候補立体配座から求めた予測スペクトルとの 一致を検証することにより、不斉と高い自由度を有する液晶分子等の立体配座構造を予測するものである 。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT