ピリジン−N−オキシド類の製造方法

開放特許情報番号
L2004007274
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2004-066420
出願日 2004/3/9
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-255560
公開日 2005/9/22
登録番号 特許第4072623号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ピリジン−N−オキシド類の製造方法
技術分野 有機材料、金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、種々の有機化合物の中間体等として広い分野で利用される。
目的 装置の腐食も少なく、環境や人体への影響・毒性が極めて小さい、非水溶性ピリジン類油性溶液と過酸化水素水溶液との反応による安全でかつ効率的なピリジン−N−オキシド類の新規製造法の提供。
効果 温和な条件下で、かつ高収率で得ることができ、環境に対する負荷を軽減する効果も有し、その工業的利用価値は極めて大きい。
技術概要
 
非水溶性のピリジン類油性溶液と過酸化水素水溶液を、周期律表第6族金属酸類触媒の存在下、不均一溶液で反応させることにより、ピリジン−N−オキシド類を製造する。尚、6族金属酸類が、6族金属酸、6族金属酸アルカリまたは6族金属酸化物であり、また、反応を、酸及び有機溶媒の非存下で行う。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT