テトラヒドロフラン環を含むアルコール由来の多分岐ポリオール

開放特許情報番号
L2004007266
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2004-063999
出願日 2004/3/8
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-248120
公開日 2005/9/15
登録番号 特許第4280824号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 テトラヒドロフラン環を含むアルコール由来の多分岐ポリオール
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 生体用接着剤、人工被覆剤、生体適合性医用基盤材料
目的 分子内にテトラヒドロフラン環を含むアルコールを重合させて、多分岐ポリオールを提供する。
効果 医用材料として有用な水溶性多分岐ポリオールを、再現性よく、かつ大量に合成でき、分子量、分岐度の調整も可能で、多分岐糖鎖とすることが出来る。
技術概要
(A)式T(R↓1〜R↓4は水酸基、炭素数1〜30の炭化水素、a、b、c、d、は0〜10)、又は式U(R↓5〜R↓8は水酸基、炭素数1〜30の炭化水素)で表される分子内にテトラヒドロフラン環を含むアルコールを、例えばカチオン重合開始剤の存在下で重合させて、多分岐ポリオールを得る。成分Aと共に、(B)ジアンヒドロ糖アルコール、アンヒドロ糖アルコールなどを共重合させるのが好ましい。式Tの化合物は、例えば1,4−アンヒドロ−メソ−エリスリトール系化合物、式Uの化合物は、1,4:3,6−ジアンヒドロ−D−グルシトール系化合物であり、R↓1〜R↓4の少なくとも1つは水酸基であり、R↓5〜R↓8の少なくとも1つは水酸基であるのが好ましい。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT