変異型耐熱性ハイグロマイシンホスホトランスフェラーゼ

開放特許情報番号
L2004007253
開放特許情報登録日
2004/8/13
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2004-058258
出願日 2004/3/2
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-245261
公開日 2005/9/15
登録番号 特許第4238362号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 変異型耐熱性ハイグロマイシンホスホトランスフェラーゼ
技術分野 有機材料、食品・バイオ
機能 材料・素材の製造
適用製品 最も高い耐熱性を有し、81℃においても活性を示し、Thermus属細菌における遺伝子破壊株等のスクリーニングを行うための選択マーカー等として広い分野で利用される。
目的 選択マーカーとして、高度好熱菌、特にThermus菌において使いやすい耐熱性薬剤耐性遺伝子であって、特にカナマイシン以外の薬剤に対し耐性を付与する遺伝子の提供。
効果 Thermus細菌の遺伝子解析或いは遺伝子操作による有用タンパク質の生産に必要な選択マーカーとして、新たにハイグロマイシンB耐性遺伝子を作製でき、その生物学的利用価値は極めて大きい。
技術概要
配列番号1で表されるアミノ酸配列中、少なくとも302番目までのアミノ酸配列を有するタンパク質において、Ala8Val、Asp20Gly、Asp24His、Arg44Cys、Asn51Ser、Cys53Arg、Arg65Gln、Ser86Gly、Ala118Val、Thr145Ala、His161Asp、Gln176Arg、Ala197Gly、Ser225Pro、Gln226Leu、Thr246Ala等からなる群から選択される1以上の点突然変異を有し、かつ耐熱性の向上した変異型ハイグロマイシンホスホトランスフェラーゼ。尚、このハイグロマイシンホスホトランスフェラーゼをコードするハイグロマイシンホスホトランスフェラーゼ遺伝子を作製し、この遺伝子を含有する選択マーカー、ベクター、形質転換体を作製する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT