地質構造及び水理のモデリング装置

開放特許情報番号
L2004006747
開放特許情報登録日
2004/7/23
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2002-346636
出願日 2002/11/29
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-177358
公開日 2004/6/24
登録番号 特許第3861149号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 地質構造及び水理のモデリング装置
技術分野 土木・建築
機能 機械・部品の製造
適用製品 地質構造及び水理モデリング装置、
目的 地下水の存在を考慮した地層変形及び変形させた模型地層をその場で水平または垂直の何れの方向にも浸透流試験ができるモデリング試験装置を提供する。
効果 従来の地層変形のモデリング試験技術で評価ができていなかった地下水の存在が地下の亀裂や断層などの形成に及ぼす影響を評価できるようになった。
技術概要
本発明による地質構造及び水理のモデリング装置は、底板、側板、正面透明板及び背面透明板で構成される矩形土槽と、矩形土槽内の模擬地層に水平の力を載荷するために矩形土槽内に設置する載荷板と、模擬地層の変形および変形された模擬地層における試験流体の流れを測定・観測する手段を具備している。本発明の地質構造及び水理のモデリング装置の構成を示す正面図を示す。矩形土槽Tは底板1、前方固定側板2、後方固定側板3、目盛付き正面剛性透明板4および目盛付き背面剛性透明板5から構成される。正面および背面の剛性透明板4、5の劣化防止および透明度を保つためにはそれぞれの内側に簡易に取り替えられる透明なライナー板L1、L2(図示せず)を付設する。具体的に、本実施例では、正面および背面剛性透明板4、5に厚さ20mmのアクリル板を使用し、その中央および周辺をステンレス板で補強している。また、ライナー板L1、L2として厚さ5mmのアクリル板を採用している。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 従来の地層変形のモデリング試験技術で評価ができていなかった地下水の存在が地下の亀裂や断層などの形成に及ぼす影響を評価できるようになった。
改善効果2 形された模型地層における浸透流特性の三次元的空間分布も評価できるようになった。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT