擁壁ブロツク及びその構築方法

開放特許情報番号
L2004006565
開放特許情報登録日
2004/7/9
最新更新日
2008/5/23

基本情報

出願番号 特願平09-036864
出願日 1997/1/14
出願人 株式会社三州コンクリート工業
公開番号 特開平10-195894
公開日 1998/7/28
登録番号 特許第3012973号
特許権者 株式会社三州コンクリート工業
発明の名称 擁壁ブロツク及びその構築方法
技術分野 土木・建築
機能 その他
適用製品 擁壁ブロック
目的 造成地や道路敷設地や河川の土手などの法面に設置する擁壁ブロック及びその構築方法を提供する。
効果 重量が1/5程度に大幅に軽量にでき、従来のように大形トラックやクレーンなどを使用することなく小形トラックで運べ、小形な建設機械でブロック本体などの積み上げ作業ができる。
技術概要
本発明の最も好ましい実施例について図により説明する。図1ないし図2において、Aは所定角度に掘削された掘削法面、Bは掘削法面Aの基部に所定の基礎工事完了後に周知の要領で設置された基礎コンクリート、Cは掘削法面Aに平行して同法面Aから予め計算された距離隔てて設定された擁壁法面、1は擁壁ブロックでブロック本体2及び胴込め用尻蓋パネル7その他から構成され、このブロック本体2の表面は図1に示すように乱れ石積み風にあたかも自然石を積上げたように形成され、この乱れ石積み風の模様は擁壁ブロックの設置場所の景観や同ブロックの配列のレイアウトその他により適宜好ましい模様に選択できる。そして、このブロック本体2には図示していないが水抜き穴が周知の要領で設けられている。3は脚控でブロック本体2の背面に3本張出して設けられている。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 重量が1/5程度に大幅に軽量にでき、従来のように大形トラックやクレーンなどを使用することなく小形トラックで運べ、小形な建設機械でブロック本体などの積み上げ作業ができる。
改善効果2 ブロック本体と胴込め用パネルを積上げるだけでよいので擁壁ブロックの施工作業が容易にかつ短時間にでき、工数の低減はもちろん省力化もできるなど優れた効果を果しうる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT