多軸型垂直離着陸機

開放特許情報番号
L2004006443
開放特許情報登録日
2004/7/2
最新更新日
2010/3/19

基本情報

出願番号 特願平11-192210
出願日 1999/6/2
出願人 中村 幹男
公開番号 特開2000-344197
公開日 2000/12/12
登録番号 特許第4441714号
特許権者 中村 幹男
発明の名称 多軸型垂直離着陸機
技術分野 輸送
機能 機械・部品の製造
適用製品 多軸型垂直離着陸機
目的 空中浮揚させた状態で,高層建造物などへ直接横付けさせたままで荷物の上げ下ろし,人の乗り降りができる多軸型垂直離着陸機を提供する。
効果 一本の動力伝達回転軸とネジ歯車の単純な組み合わせで,同時に多軸回転させることができ,さらに,単純な可変ピッチ回転翼との組み合わせで多軸型垂直離着陸機を提供できる。
技術概要
図1,2に示すように、ネジ歯車5の両側へ噛み合うように,ネジ歯車6を図のように角度を付け組みつける。このネジ歯車6の軸の他端に可変ピッチ回転翼FR,FLが取り付けてあり,サーボ9の動作によって,それぞれピッチ角を変えることができる。以上の構造のギヤメカニズムの物を一つのギヤユニットとして,このギヤユニット前側をF,後ろ側をRとして前後に配置して連結具2で連結する。そして動力伝達回転軸1でギヤユニットF,Rのネジ歯車5を連結することによって、単純な構成よりなる多軸型垂直離着陸機とするものである。このギヤユニットの構造は,ネジ歯車軸の取り出し方向の設定自由度の拡大,高速回転の設定自由度の拡大,ネジ歯車軸が互いに逆転するために反トルクの相殺などネジ歯車三個でできるギヤメカニズムである。したがって,構成部品が少なく単純な構造になり,コストダウン,重量減量などの利点が増す。
イメージ図
実施実績 【試作】   
許諾実績 【有】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 一本の動力伝達回転軸とネジ歯車の単純な組み合わせで,同時に多軸回転させることができ,さらに,単純な可変ピッチ回転翼との組み合わせで多軸型垂直離着陸機を提供できる。

登録者情報

登録者名称 中村 幹男

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT