認証システム、光放射装置、認証装置および認証方法

開放特許情報番号
L2004006333
開放特許情報登録日
2004/7/2
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2003-295077
出願日 2003/8/19
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-147297
公開日 2004/5/20
登録番号 特許第4238356号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 認証システム、光放射装置、認証装置および認証方法
技術分野 情報・通信、電気・電子、生活・文化
機能 検査・検出、制御・ソフトウェア、安全・福祉対策
適用製品 光放射装置。認証装置。
目的 認証精度と利便性についてバランスよく認証を行うことができる認証システム、光放射装置、認証装置および認証方法を提供すること。
効果 よりセキュリティの強度の高い認証を実現できるのである。
技術概要
認証システムは、図に示すように、認証情報が組み込まれた画像を表示出力する表示手段と、表示出力された画像の光を画素ごとに所定角度に散乱させる第1の光学系手段とを有する光放射装置、および光放射装置により散乱された画像の光を集光する第2の光学系手段と、集光された画像を光電変換する光電変換手段と、光電変換された画像を使用して認証を行う制御手段とを有する認証装置を具えたことを特徴とする。表示手段により表示出力される画像中の認証情報に対応する画像は散乱され、認証情報以外の画像は表示手段の表示画面にほぼ垂直な方向に出射するように表示手段および第1の光学系手段が構成されている。認証装置からの問い合わせに応じて光放射装置から画像を表示出力する。第1の光学系手段および第2の光学系手段は2次元的な光分布を利用するレンズアレイである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 認証装置側に対して偽りのコピー画像を提示しても認証処理を誤ることがなく、認証精度と利便性についてバランスのよい認証を行えるようになる。
改善効果2 表示手段から認証情報以外の画像を表示手段を見る人間に提示することができる。
改善効果3 双方向通信が可能になり、また消費電力の節減に寄与することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT