遮水材料及びその成型体

開放特許情報番号
L2004005518
開放特許情報登録日
2004/6/4
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2002-276483
出願日 2002/9/24
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-113838
公開日 2004/4/15
登録番号 特許第3870260号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 遮水材料及びその成型体
技術分野 土木・建築、その他
機能 材料・素材の製造、環境・リサイクル対策、その他
適用製品 遮水材料及びその成型体
目的 三価及び五価のヒ素を吸着すると同時に高い遮水性能を有し、敷き詰めることにより広範囲の遮水工を構成することが可能な新規遮水材料を提供する。
効果 まさ土及びベントナイトを含む混合土からなる遮水材料に係るものであり、本発明により、遮水性能とヒ素除去性能を有する新規遮水材料を提供することができる。
技術概要
本発明の遮水材料は、遮水性能とヒ素除去性能を有する遮水材料であって、まさ土及びベントナイトを含む混合土からなることを特徴とし、ベントナイト混合土の圧密成型体からなる遮水材料、ベントナイト混合土の圧密成型体が、板状の成型体である遮水材料、及びベントナイト混合土の圧密成型体が、成型体を組み合わせることによって遮水工を施工することを可能とする所定の組み合わせ形状を有する遮水材料であり、産業あるいは一般廃棄物等処分場等の遮水工として、三価及び五価のヒ素が溶解した汚染水の周辺環境への漏洩を長期間にわたり防止する。図はまさ土−ベントナイト及び豊浦標準砂−ベントナイト混合土の流速とヒ素除去比率を示す。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 まさ土及びベントナイトを含む混合土からなる遮水材料に係るものであり、本発明により、遮水性能とヒ素除去性能を有する新規遮水材料を提供することができる。
改善効果2 遮水工に、例えば、2センチメートル程度の本発明の混合土締め固め材を用いることにより、三価及び五価のヒ素の漏洩を長期にわたり防止することができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT