微生物によるゴムの分解方法

開放特許情報番号
L2004005467
開放特許情報登録日
2004/6/4
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2002-298959
出願日 2002/10/11
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-131643
公開日 2004/4/30
登録番号 特許第4022618号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 微生物によるゴムの分解方法
技術分野 食品・バイオ
機能 環境・リサイクル対策
適用製品 例えば廃タイヤ等を再生ゴムの原料へ、水処理のための担体へ加工する等の廃ゴムの再資源化へ適用する。
目的 特定の分解菌を用いる二段階培養法により、天然ゴム加工物を分解する方法を提供する。
効果 分解速度を大幅に向上することが可能になり、これにより分解処理に要する期間が大幅に短縮できる。
技術概要
 
ノカルディアRd−Cm等の天然ゴム分解菌を、廃タイヤ等の天然ゴム加工物を裁断して得られた直径1〜2.5mm程度のゴム細片を含む培養液中で培養して、天然ゴム加工物を分解する。その際に、天然ゴム培養菌を天然ゴム加工物表面に定着させるための前期培養における培養液の攪拌速度を、例えば無攪拌あるいは50rpm以下の速度にし、続く天然ゴム加工物を分解する後期培養における培養液の攪拌速度を、前期培養におけるよりも大きくなるように設定する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT