輸送貯蔵用密閉容器

開放特許情報番号
L2004005378 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2004/5/28
最新更新日
2004/5/28

基本情報

出願番号 特願2000-373026
出願日 2000/12/7
出願人 三菱重工業株式会社
公開番号 特開2002-174694
公開日 2002/6/21
登録番号 特許第3411902号
特許権者 三菱重工業株式会社
発明の名称 輸送貯蔵用密閉容器
技術分野 輸送、その他
機能 安全・福祉対策、その他
適用製品 輸送貯蔵用密閉容器(輸送貯蔵用キャスク)
目的 落下や転倒が生じた場合でも高い密閉性を維持でき、安全性および信頼性の向上した輸送貯蔵用密閉容器を提供する。
効果 落下や転倒が生じた場合でも高い密閉性を保持することができ、安全性および信頼性の向上した輸送貯蔵用密閉容器を提供することができる。
技術概要
本発明の輸送貯蔵用密閉容器は、図に示すように上端開口部を有しているとともに内部に放射性物質が収納されるほぼ筒状の金属製の容器本体10と、容器本体10の周囲を覆った中性子遮蔽材としてのレジン19、容器本体10の上端開口部内に装着されこの上端開口部を閉塞しているとともに、金属シールにより容器本体10との接触部が密閉された一次蓋20と、落下時に容器本体内の放射性物質が一次蓋20に衝突した際その衝撃を受け止めるように一次蓋20に重ねて容器本体10の上端開口部内に装着されこの上端開口部を閉塞しているとともに、金属シールとして機能する金属ガスケット26により容器本体10との接触部が密閉された二次蓋22と、一次蓋20と二次蓋22との間に形成された検査空間と、容器本体10の上端部及び下端部に装着される衝撃吸収体50、52とを備えていることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 落下や転倒が生じた場合でも高い密閉性を保持することができ、安全性および信頼性の向上した輸送貯蔵用密閉容器を提供することができる。

登録者情報

登録者名称 三菱重工業株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT