クラウンエーテルを2つ有する金属ポルフィリン錯体を連結分子とする非共有結合型高分子及び非共有結合型高分子の製造方法

開放特許情報番号
L2004005148
開放特許情報登録日
2004/5/14
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2002-246079
出願日 2002/8/27
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-083725
公開日 2004/3/18
登録番号 特許第3692401号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 クラウンエーテルを2つ有する金属ポルフィリン錯体を連結分子とする非共有結合型高分子及び非共有結合型高分子の製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 非共有結合型高分子、リサイクル型グリーンポリマー
目的 金属配位相互作用と水素結合相互作用という複数の分子間相互作用を連結様式とする新規な高分子化合物の提供する。
効果 非共有結合型の高分子なので、外的環境を制御することにより容易に分解出来、リサイクル型グリーンポリマーとして利用できる。
技術概要
 
本発明は、図1に示す高分子化合物の製造に関するものである。図2に示すような化合物を、金属配位相互作用と水素相互作用を利用して非共有結合により結合することにより高分子化して図1に示す化合物を得ることができる。図中、Mは、4つの窒素原子と配位結合し、さらに2つの配位子を取りうる状態にある遷移金属を表し、Rはエステル基、エーテル又はtert−ブチルにより置換されていてもよい脂肪族炭化水素、又は芳香族炭化水素から選ばれる基を表す。また、この化合物は、中心に遷移金属Mを持ち、5位と15位のメソ位にジベンゾ−24−クラウン−8−エーテル、かつ10位と20位のメソ位に置換基Rを有する、テトラフェニルポルフィリン型化合物であり、4つの窒素原子と配位結合し、さらに2つの配位子を取りうる状態の化合物である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 非共有結合型の高分子なので、外的環境を制御して容易に分解出来、リサイクル型グリーンポリマーとして利用可能である。
改善効果2 新規なクラウンエーテルを2つ有する金属ポルフィリン錯体を連結分子とする非共有結合型高分子化合物およびその製造方法が得られる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT