穿針装置及び該穿針装置の針の動作状態の検出方法

開放特許情報番号
L2004005140
開放特許情報登録日
2004/5/14
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2003-289120
出願日 2003/8/7
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2004-081852
公開日 2004/3/18
登録番号 特許第4385118号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 穿針装置及び該穿針装置の針の動作状態の検出方法
技術分野 その他
機能 安全・福祉対策
適用製品 穿針装置
目的 経験や勘等的確な対象組織への穿刺を、ばらつきなくある程度一定とする穿針装置を提供する。
効果 生体組織の組織境界部を判定して、組織への穿刺を、ばらつきなくある程度一定とすることができる。
技術概要
 
本発明では、図に示すように、針部3と、その側面を覆う外筒部4と、針部3に作用する荷重を計測する1軸以上の針部荷重計と、外筒部4に作用する荷重を計測する荷重計1と、荷重計のデータを記録する記録装置と、判定装置を備え、針部荷重計及び外筒部荷重計の測定結果を記録装置で経時的データとして記録し、判定装置において経時的データの一次又は二次以外の高次データにおける不連続部分により、針部が生体組織の組織境界部に対応する位置にあると判定するものである。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

導入メリット 【 】
改善効果1 穿針装置の針の動作状態を荷重データとビデオモニタなどで観察して、生体組織の組織境界部を判定しているので、組織への穿刺を、ばらつきなくある程度一定とすることができる。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT