DNAを基板上に配向、伸長して固定する方法

開放特許情報番号
L2004005016 この特許の事業構築のヒントや可能性をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2004/5/14
最新更新日
2015/7/31

基本情報

出願番号 特願2002-289855
出願日 2002/10/2
出願人 独立行政法人食品総合研究所、独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構
公開番号 特開2004-125601
公開日 2004/4/22
登録番号 特許第3683246号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 DNAを伸長、固定する方法
技術分野 化学・薬品、食品・バイオ
機能 検査・検出、加熱・冷却
適用製品 DNAを伸長、固定する方法
目的 DNAを雲母基板上の広い範囲に渡って直線状に引き伸ばして固定する方法を提供する。
効果 本発明によれば、原子レベルで平坦な雲母基板上に直線状に引き伸ばしたDNAを多量に固定することができるので、AFM(原子間力顕微鏡)やSNOM/AFM(走査型近接場光プローブ顕微鏡)によりその位置をナノメートルレベルで逐次決定して行くことが可能である。
技術概要
 
電荷を有しないアルキル基またはアリール基および1個以上3個以内のメトキシ基またはエトキシ基またはクロロ基を有するシラン化合物により表面を被覆した雲母基板上にDNA含有溶液を置き、DNAの末端をその被覆基板表面に付着させ、重力、遠心力、電気泳動またはポンプによる送液または吸い上げである溶液の流れまたは気液界面の移動によりDNAを配向、伸長させ、固定する方法である。シラン化合物の有するアルキル基が炭素数1〜4個の低級アルキル基であり、アリール基がフェニル基またはベンジル基であり、アルキル基を有するシラン化合物においてはアルキル基が1個以上3個以下でメトキシ基またはエトキシ基またはクロロ基が3個以下1個以上のメトキシトリメチルシラン、エトキシトリメチルシランまたはプロピルトリメトキシシランであり、またアリール基を有するシラン化合物においてはアリール基が1個以上2個以下でメトキシ基またはエトキシ基またはクロロ基が3個以下2個以上のフェニルトリメトキシシランである。またシラン化合物で被覆した雲母基板がシラン化合物の蒸気により雲母基板の表面を被服し、必要に応じてその被覆基板を加熱して固定したものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

その他の提供特許
登録番号1 特開2004−121096
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT