新規ゼオライトの製造方法

開放特許情報番号
L2004004616
開放特許情報登録日
2004/4/16
最新更新日
2015/9/11

基本情報

出願番号 特願2003-435651
出願日 2003/12/26
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2005-194113
公開日 2005/7/21
登録番号 特許第4415147号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 新規ゼオライトの製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 シリカ含量の高い高シリカゼオライト
目的 前駆体の有機結晶化調整剤含有層状珪酸塩を、分子状酸素を含有する支燃性ガス流通下に、脱水重縮合させて、新しい結晶構造を有する高シリカ含有ゼオライトを製造する。
効果 簡単な操作で、容易に、効率的に低コストで製造出来る。
技術概要
 
(A)前駆体の有機結晶化調整剤含有層状珪酸塩を、(B)分子状酸素を含有する支燃性ガスの流通下又は存在下で、脱水重縮合させて、新しい結晶構造を有する高シリカ含有ゼオライトを製造する。成分Aは、シリカ源(例えば、SiO↓2)、アルカリ金属陽イオンを生成するアルカリ金属源(例えば、アルカリ金属水酸化物)、直径3.0オングストローム以上の有機結晶化調整剤(例えば、テトラアルキルアンモニウム塩)及び水などの混合溶液から、水熱合成法で製造したもので、成分Bは分子状の酸素を任意の割合で含有するガスであり、その流量を製造するゼオライト35ミリグラム当たり毎分10ミリリットル以上とし、重縮合を300〜700℃でさせるのが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT